会社案内
ご挨拶 会社概要 沿革 営業品目 取引先リンク
ご挨拶
大成化研は、1980年に電子産業機器及び電子材料の販売を目的として設立し、今年27年目を迎えることが出来ました。
その間、はんだ付け分野の「総合窓口」として、幅広く活動してまいりました。
当初は、商社のみの事業展開でしたが、1994年より、自社商品の開発にも着手いたしました。
またその一方で、メンテナンスなどのアフターサービスの充実をも図り、現在「商社」、「メーカー」、「サービス」の3つの機能を柱に、
常に新しい発想と感覚で知財のJ−MAXとして、既存の「商社」や「メーカー」を超えた新しい枠組みでの企業活動を展開いたしております。
2006年10月に品質ISO9001を、2007年5月には環境ISO14001の認証を取得、“自然と人間に優しいものづくり”をモットーに、
地球環境の負荷を軽減し、自信を持ってお客様に満足していただける商品をお届け出来るように努めております。
これからも皆様のご信頼とご期待にお答えできるよう、努力を積み重ねてまいります。
今後とも末永いご愛顧をよろしくお願い申し上げます。
代表取締役社長    
ページのトップへ
会社概要
社名 株式会社 大成化研 道路案内地図
所在地 〒670-0995 兵庫県姫路市土山東の町1-2
代表取締役 松原賢政
資本金 3000万円
TEL 0792-93-2782
FAX 0792-93-6666
e-mail info@jmax.co.jp
URL http://www.jmax.co.jp/
 ページのトップへ
沿革
1980年 資本金100万円、電子産業機器および電子材料の販売を目的として、大成化研を設立する。
1981年 資本金300万円に増資し、株式会社大成化研と組織変更する。
1982年 姫路市新在家中の町ニューハイツ新在家に営業所を開設する。
1991年 姫路市土山東の町に姫路サービスセンターを開設。のちに本社営業所となる。
1994年 資本金1200万円に増資し、自社製品の開発に着手。商標を「J-MAX」とする。
1995年 自社商品第1号「水質浄化装置」を研究開発し、姫路市緑化協会の管理する日本庭園「好古園」の池に設置する。
1997年 膜分離式窒素ガス発生装置「J-MAX窒素発生装置」と窒素ガス併用型はんだこて「J-MAX窒素半田コテ」を開発し、商品化する。初期ロットを三菱電機、日本IBM、ソニー、東芝、松下電工などの大手電機メーカーに納入する。
膜分離式窒素ガス発生装置および窒素ガス併用型はんだこてが「兵庫県平成9年度新産業創造プログラム」の認定を受け、自社製品(J-MAX)の開発と販売活動が事業化される。(8月)
1998年 非接触式のはんだ付けノズルを開発する。(2月)
西芝電機鰍ニタイヤ充填用の窒素ガス発生装置を共同開発し、商品化する。(9月)
長野県の上田日本無線と「非接触式窒素ガス自動はんだ付けロボット」を共同開発し、商品化する。(11月)
1999年 コンプレッサー内蔵型窒素ガス発生装置「N虎シリーズ」を開発商品化する。(1月)
保温・保冷庫「ホット&クーラー」を開発商品化する。(3月)
「ハイブリッドN2チップ」を考案し、同方式を用いた、窒素ガス併用型はんだこて「Nッ子9001」を開発商品化する。(8月)
東日本でのJ-MAX商品の販促を目的に、東京都板橋区に東京営業所を開設する。(8月)
2000年 放熱メッシュシート「パテントメッシュ」を商品化する。(2月)
資本金3000万円に増資する。(5月)
2001年 卓上型噴流式窒素はんだ槽「NEP-21」を開発商品化する。(7月)
2002年 卓上型リフロー「THR1000・2000」を開発商品化する。(3月)
鉛フリー専用 マルチポイントハンダ槽「TMPS-4035」を開発商品化する。(5月)
2003年 窒素ガス噴射はんだごてNっ子9002及びPRO80Gシリーズを開発商品化。(9月)
「半田付け方法及び半田ごて」特許登録。(5月)
「間歇的はんだ付けが可能な非接触型半田ごて」特許登録。(9月)
United States Patent 「SOLDERING IRON WITH HEATED GAS FLOW」
Matubara Date of Patent Oct.14 2003 (10月)
2004年 「半田ごて」特許登録。(4月)
「自動半田付け方法及び自動半田付け装置」特許登録。(9月)
「水質浄化装置」特許登録(10月)
2005年 中播磨モノづくり大賞受賞。「中小企業支援ネットひょうご」事業実施計画決定を受ける。
 ページのトップへ
営業品目
J−MAX自社ブランド商品の販売  ・窒素はんだこて
 ・窒素ガス発生装置
 ・窒素自動はんだ付けロボット
 ・水質浄化装置など

 ・Pbフリーマルチポイントハンダ槽
プリント基板実装用機器の販売 ・セイテック
・JUKI円
・津々巳電機(ロボット)な

・アポロ精工(ロボット)
・日本ボンコート(はんだごて)
各種はんだ(棒はんだ、糸はんだ、クリームはんだ)  ・ニホンゲンマ
 ・千住金属工業
 ・アルミット
 ・タムラ製作所など
フラックス及び希釈剤  ・タムラ製作所
 ・千住金属工業
 ・大伸化学など
電子機器製造装置製作販売  ・各種装置のオーダーメイド
 ・各種治具のオーダーメイドなど
電子材料及び制御機器の販売  ・各種電線
 ・各種端子
 ・各種制御機器など
ページのトップへ
取引先リンク
※敬称略 あいうえお順  
アポロ精工 株式会社 http://www.apolloseiko.co.jp 
  ・ハンダ付けロボット関係  
キクデンインターナショナル 株式会社 http://www.kikuden.co.jp/ 
  ・ハンダ付けパレットなど  
セイテック 株式会社 http://www.seitec.biz/ 
  ・はんだ付け装置  
有限会社 テムス http://www.tems-seigyoban.co.jp/ 
  ・工場メンテ、電気配線工事及び制御盤設計製作
デンオン機器 株式会社 http://denondic.co.jp
  ・リワーク装置関係  
株式会社 ニックス http://www.nix.co.jp
  基板マガジンラックなど  
冨士機械製造 株式会社 http://www.fuji.co.jp/
  ・SMT設備  
株式会社 ベッセル http://www.www.vessel.co.jp/
  工具及び静電気対策商品  
株式会社 ボンマーク http://www.bon-mark.com/
  メタルマスクなど  
株式会社 マルコム http://www.malcom.co.jp/
  ・はんだ関連機器、測定器  
 関連会社
ジャイマックス株式会社 http://www.jmax.biz/
  ・CNTの用途開発及び関連製品の販売  
取引銀行
三井住友銀行 姫路支店
播州信用金庫 船場支店
りそな銀行 姫路支店
≪ 戻る